(円卓)「学ぶ」ということ

上智大学総合人間科学部教育学科教授 杉村 美紀



ネパールの首都カトマンズから車で1時間ほどのバクタプールという町に、その女子学生は住んでいた。古い家屋が立ち並ぶ路地裏にある家は、今にも朽ちてしまいそうな狭いはしごで2階に上るようになっていて、電球があっても始終停電があるために窓から差し込む明かりが頼りだ。

筆者が訪ねたとき、その女子学生は窓辺に座って、家庭訪問の女の先生と英語の勉強をしていた。実はその学生は難病を抱えており、自分では歩けない。19歳になっても満足に学校に通えていない。

週に数回、英語とネパール語、数学を勉強している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。