(円卓)SDGs時代に求められるグローカル教員

東京都市大学教授 佐藤 真久


 「持続可能な開発目標」(SDGs)が、2015年9月に国連総会で採択された。SDGsは、16年から30年までの国際目標で、開発・環境アジェンダが含まれる17の目標と169のターゲットから成る。

 筆者は、SDGsの時代背景について、①「ミレニアム開発目標」(MDGs:2001―2015)の時代と比較して、世界が直面する問題・課題が大きく変化(貧困から貧富格差へ、気候変動、自然災害、生物多様性喪失、エネルギー問題、社会的公正、高齢化)している点②VUCA(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)の時代への状況的対応が求められている点――を指摘している。

 また、世界観については、①「地球の限界」に配慮をしなければならないという「地球惑星的世界観」②「誰ひとり取り残さない」という人権と参加原理に基づく「社会包容的な世界観」③「変容」という異なる未来社会を求める「変容の世界観」――があるとしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。