(円卓)実効性のある法改正を期待して

東京女子体育大学教授 出張 吉訓





2013年9月に「いじめ防止対策推進法」が施行されてからも、いじめが後を絶たない。原因として、教育委員会や学校が法律上の「いじめの定義」を限定的に解釈していることや、いじめの正確な認知に向けた取り組みを十分に行っていないことなどが挙げられる。

この法律は、大津市で中学校2年の生徒が自殺した際、学校側がいじめはなかったとして隠蔽(いんぺい)し、責任逃れをしたことを端緒として議員立法で制定された。ご承知の通り、この法律には、全ての学校と行政の体制づくりや事後対応などを細かく定めている。

いじめは、どの学校、どの学級でも、そして、どの子供にも起こり得るとの認識に立つことが大切である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。