(円卓)ボッチャを通してつながりを

2016リオ・パラリンピックで日本チームが銀メダルを獲得してから、パラリンピックの正式種目であるボッチャへの関心が高まっている。ボッチャはスペースがあれば幼児から高齢者まで、そして障害の有無に関係なく誰でもでき、まさにインクルーシブ・共生社会にふさわしいスポーツといえる。

神奈川県では17年、各肢体不自由特別支援学校に呼び掛け、横浜市立上菅田特別支援学校の体育館でボッチャ大会を開催した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。