(円卓)新たな学校経営の視点から

玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授 小澤 良一





今年度は小学校から教育課程の移行措置期間が最終年度となり、教科書の採択が始まる。また、学校経営に関しても新たな視点がある。注視すべき内容は、2点と考えられる。

1点目は「社会に開かれた教育課程」とも関連するが、学習指導要領改訂の時期に合わせて行われた地教行法の一部改正である。ここでは「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」が示された。

2点目は、本年1月に答申のあった「働き方改革」に関わるものである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。