(円卓)児童を理解し寄り添った授業に期待

玉川大学名誉教授・特任教授 佐藤 久美子


 文科省が3月26日に、2020年度から小学校で使われる教科書の検定結果を公表した。翌27日の各社の一般紙朝刊には、教科書の内容が大きく報道された。

 15分ごとの学習内容を示すなど、英語の指導経験が少ない教員に配慮した「親切設計」の教科書が目立つとあった。

 一方で、手取り足取りの教科書だと型通りの授業になりかねない、と危惧する論評も載せられていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。