(円卓)教育の役割としてのESD

東京都多摩市立連光寺小学校長 棚橋 乾





新学習指導要領には総則の前に前文があり、「持続可能な社会の創り手」という表記が目を引きました。今、地球上では、環境問題だけでなく、国際紛争や難民問題、背景にある政治や経済の問題など、持続可能な社会づくりを妨げる多くの状況があります。

国連持続可能な開発目標SDGsは2030年を達成目標としていますが、遠い将来の話ではありません。そして、SDGs17のゴールを牽引(けんいん)する一つが、ゴール4のESDの実践にあるのは周知のことです。新しい教育の中にESDで示す環境・社会・経済・文化のバランスある学びを築くことは、SDGsを達成する教育の役割です。

新学習指導要領において、これからの時代に求められる資質・能力として示した「学びを人生や社会に生かそうとする、学びに向かう力・人間性」は、ESDそのものです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。