校種別一覧

幼稚園・保育園 PRESCHOOL

8月、文科省から2018年度の「学校基本調査(速報値)」が公表された。学校教育の全体像を統計の面から捉えることは教採対策においても重要である。 文科省では、学校教育行政に必要な学校に関する基本的事項を明らかにすることを目的として、主に幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などを対象に毎年、学校数、在学者数、教員数、卒業者数、進学者数、就職者数などを調査している。 少子化が急速に進んでいるのは周知の事実であり、学校教育のあらゆる面にも影響を及ぼしている。……

東京都立光明学園統括校長 田村 康二朗

東京都では1969年、横浜市と時を同じくして障害で通学が困難な児童生徒への訪問教育を開始した。都は74年から、養護学校への希望者全員入学も開始している。 重度の障害がある児童生徒の在籍者が増える中、各養護学校にはたんの吸引器が備えられるようになった。そうした医療的ケアが必要な児童生徒の対応は、原則として保護者が当たることになっていた。 大阪府は、平成(1989年)に入って医療が必要な児童生徒の増加に伴い、「医療との連携のあり方に関する検討委員会」を設置。……

松山政司少子化担当相は9月11日の閣議後の記者会見で、企業が主に従業員向けに設立する「企業主導型保育所」の整備を2018年度は、当初予定より1万人増やし3万人程度にすると発表した。 企業から予想の2倍を超える5万1000人分余の応募があったのが理由。……

震度7を観測した6日の北海道地震の発生から一夜明けた7日、道内の学校は前日に続いて臨時休校が相次ぎ、文科省の7日午後2時現在の集計によると、計1818校に上った。北海道庁によると、地震の死者は12人、心肺停止者5人、安否不明者22人(同日午後4時現在)となった。 週明けの10日も、通学の安全確保や給食の提供が難しいことなどから、臨時休校に追い込まれる学校が出る見込み。……

■手ぶらで登園、お知らせはデジタル化
スウェーデンのプリスクール(forskola)に子供を入れて驚いたことがある。毎朝の持ち物がほとんどないのだ。着替えの服やおむつは定期的に補充する必要があるが、毎日の登園は手ぶらなのである。お昼寝も、大きな布団セットは必要なく、週初めにタオルケットや毛布だけを持っていけばよい。持ち物が少なくていいのは、朝の時間をひと手間でも省きたい親としては大助かりだ。 さらに、お便り帳や幼稚園からのプリントなど、紙のやりとりもない。そのような情報はすべてデジタル化されており、保護者はデジタルプラットホームにアクセスして、お知らせを確認する。そこで興味をひかれたのは、園やクラス全体に向けたお知らせだけでなく、自分の子供の園での様子を知ることができることだ。例えば、クラスで散歩に行ったときに何に興味をもったのか、部屋の中で積み木を使ってどのように遊んでいるのか、そういった日常の子供の様子が、折に触れて複数の写真や、時に動画とともにつづられていた。日本の園で見られる「お便り帳」がデジタル化されているような印象だ。
■教育的ドキュメンテーションと質向上
個々の子供の活動の記録は、実は単に様子を知らせてくれるだけのものではなかった。……

 北海道で9月6日未明、最大震度7を観測した地震が発生し、文科省の同日午後4時現在の集計によると、道内の2040校が臨時休校となった。札幌市や函館市の市立学校などは7日も臨時休校する。安倍晋三首相は6日夜の関係閣僚会議で、道内の死者が9人になったと発表した。気象庁は「平成30年北海道胆振東部地震」と名付けた。  文科省の集計によると、児童生徒、教職員に人的被害はなかった。……

小学校 PRIMARY SCHOOL

スウェーデンでは幼稚園から成人教育に至るまで、公教育が無料である。成人教育では、さまざまな職業教育や趣味・文化の学習のほか、小・中・高校で提供されている科目が成人向けに提供されており、20歳以上のスウェーデン住民は誰でも履修できる。そこで筆者もスウェーデン語講座を受講し始めた。今回は、その履修説明会で驚いた「評価」について書いてみたい。
■全国共通の評価基準
講座では、修了時にAからFまでの成績がつけられる。Aが最も良くてEまでが合格、Fは不合格である。A、C、Eを取るための評価基準は、数個の観点について、全国共通の規定として教科・科目ごとに文章で定められていて、到達度がAとCの中間あたりだとBになる。この絶対評価による成績の付け方は、成績をもらい始める小学校6年生から成人教育に至るまで、すべての教科で共通である。 かつては正規分布に基づく相対評価で成績がつけられていたが、1990年代以降、学習指導要領、ナショナル・テスト、全国共通の評価基準と連動して評価方法の改革が行われ、現在では絶対評価による成績付けが定着している。 筆者はこうした一般的なシステムは理解していたが、履修説明会ではこれに加えて、AからEの内で「自分の目標」を設定するように言われた。……

「何でも屋の教頭・副校長は過労死ライン」「休憩は1日に1、2分程度」――。全国公立学校教頭会(全公教)が今年5月に公表した調査結果で、教頭・副校長(以下「教頭ら」と表記)の勤務時間は1日12時間以上、ひと月240時間以上であることが明らかにされた。学校で一番労働時間が長いのは教頭らだと言える。文科省が2016年度に行った教員勤務実態調査でも、教頭らの勤務時間は週当たり63時間30分を超えていた。これは10年前の前回調査と比べると小学校で4時間以上、中学校で2時間以上の増加だ。 全公教の調査では有休が取りにくい状況も改めて確認された。休暇取得は年間5日未満が最も多く、小学校で52%、中学校で60%を占めた。病気や多忙などを理由に教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。16年度には全国で110人の教頭らが自ら希望し、一般教員に降任している。教頭らの不足は、ますます深刻化している。 ■東京都の事例 小池百合子知事は17年3月、都内の公立小中学校で副校長のなり手が不足していることに言及し、理由について「業務負担が重い」と述べた。……

自民党総裁選の投開票が9月20日に実施され、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たした。得票数は安倍首相が553、石破元幹事長が254。圧勝により首相の続投が決まった。焦点は政権浮揚と党内融和を図る内閣改造、党役員人事に移る。 新総裁の任期は2021年9月までの3年間。国連総会出席に合わせた23日からの訪米、30日の沖縄県知事選の投開票を控えていることから、安倍首相は総裁選勝利後の記者会見で10月初めに内閣改造を実行する意向を明らかにした。……

理数系教育に重点を置いた教育課程を高校に認めるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援事業について、文科省は9月18日、有識者会議報告書を公表した。支援事業開始から16年がたち、新学習指導要領で「理数科」が教科として新設されるなど一定の成果が上がっていることやSociety5.0の進展を踏まえ、より高い目標に向けて基礎枠と重点枠の見直しを提言した。 これまでの支援事業はSSH指定校の研究課題(基礎枠)に加え、より先進的な取り組みを指定校が希望する場合、重点枠として最長3年間の支援を受けることができた。……

岐阜市教委は9月14日の市議会定例会で、熱中症の危険度を判断する目安の「暑さ指数」(WBGT)を測定できる装置を、来年度から一部の小・中学校に試験的に導入すると明らかにした。 環境省によると、WBGTは熱中症の予防を目的に1954年に米国で提案された指標。……

愛知県豊田市で9月18日午前11時ごろ、校外学習中だった市立小学校5年の児童が体調不良を訴え、引率の教員が119番した。頭痛や吐き気などを訴えた8人のうち女児2人が病院に救急搬送され、軽い熱中症や脱水症状と診断された。命に別条はない。 市教委などによると、校外学習は田植えから稲刈りまでの農作業の体験が目的で、児童101人と引率教員4人が午前9時半から稲刈りをしていた。……

中学校 JUNIOR HIGH SCHOOL

スウェーデンでは幼稚園から成人教育に至るまで、公教育が無料である。成人教育では、さまざまな職業教育や趣味・文化の学習のほか、小・中・高校で提供されている科目が成人向けに提供されており、20歳以上のスウェーデン住民は誰でも履修できる。そこで筆者もスウェーデン語講座を受講し始めた。今回は、その履修説明会で驚いた「評価」について書いてみたい。
■全国共通の評価基準
講座では、修了時にAからFまでの成績がつけられる。Aが最も良くてEまでが合格、Fは不合格である。A、C、Eを取るための評価基準は、数個の観点について、全国共通の規定として教科・科目ごとに文章で定められていて、到達度がAとCの中間あたりだとBになる。この絶対評価による成績の付け方は、成績をもらい始める小学校6年生から成人教育に至るまで、すべての教科で共通である。 かつては正規分布に基づく相対評価で成績がつけられていたが、1990年代以降、学習指導要領、ナショナル・テスト、全国共通の評価基準と連動して評価方法の改革が行われ、現在では絶対評価による成績付けが定着している。 筆者はこうした一般的なシステムは理解していたが、履修説明会ではこれに加えて、AからEの内で「自分の目標」を設定するように言われた。……

「何でも屋の教頭・副校長は過労死ライン」「休憩は1日に1、2分程度」――。全国公立学校教頭会(全公教)が今年5月に公表した調査結果で、教頭・副校長(以下「教頭ら」と表記)の勤務時間は1日12時間以上、ひと月240時間以上であることが明らかにされた。学校で一番労働時間が長いのは教頭らだと言える。文科省が2016年度に行った教員勤務実態調査でも、教頭らの勤務時間は週当たり63時間30分を超えていた。これは10年前の前回調査と比べると小学校で4時間以上、中学校で2時間以上の増加だ。 全公教の調査では有休が取りにくい状況も改めて確認された。休暇取得は年間5日未満が最も多く、小学校で52%、中学校で60%を占めた。病気や多忙などを理由に教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。16年度には全国で110人の教頭らが自ら希望し、一般教員に降任している。教頭らの不足は、ますます深刻化している。 ■東京都の事例 小池百合子知事は17年3月、都内の公立小中学校で副校長のなり手が不足していることに言及し、理由について「業務負担が重い」と述べた。……

自民党総裁選の投開票が9月20日に実施され、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たした。得票数は安倍首相が553、石破元幹事長が254。圧勝により首相の続投が決まった。焦点は政権浮揚と党内融和を図る内閣改造、党役員人事に移る。 新総裁の任期は2021年9月までの3年間。国連総会出席に合わせた23日からの訪米、30日の沖縄県知事選の投開票を控えていることから、安倍首相は総裁選勝利後の記者会見で10月初めに内閣改造を実行する意向を明らかにした。……

理数系教育に重点を置いた教育課程を高校に認めるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援事業について、文科省は9月18日、有識者会議報告書を公表した。支援事業開始から16年がたち、新学習指導要領で「理数科」が教科として新設されるなど一定の成果が上がっていることやSociety5.0の進展を踏まえ、より高い目標に向けて基礎枠と重点枠の見直しを提言した。 これまでの支援事業はSSH指定校の研究課題(基礎枠)に加え、より先進的な取り組みを指定校が希望する場合、重点枠として最長3年間の支援を受けることができた。……

岐阜市教委は9月14日の市議会定例会で、熱中症の危険度を判断する目安の「暑さ指数」(WBGT)を測定できる装置を、来年度から一部の小・中学校に試験的に導入すると明らかにした。 環境省によると、WBGTは熱中症の予防を目的に1954年に米国で提案された指標。……

「未来の先生展2018」初日の9月15日、「『人気の就職先』を辞めて、私たちは高校教師になった」をテーマとしたパネルディスカッションがあった。民間企業から転職した教員らがパネリストとなり、転職した背景や教育にかける思いを語り合った。 パネリストらがかつて働いていた企業は、モデレーターを務めたキリロム工科大学東京事務所の有澤和歌子所長によると、「大学生の希望就職ランキングに入る大企業」。……

高校 HIGH SCHOOL

スウェーデンでは幼稚園から成人教育に至るまで、公教育が無料である。成人教育では、さまざまな職業教育や趣味・文化の学習のほか、小・中・高校で提供されている科目が成人向けに提供されており、20歳以上のスウェーデン住民は誰でも履修できる。そこで筆者もスウェーデン語講座を受講し始めた。今回は、その履修説明会で驚いた「評価」について書いてみたい。
■全国共通の評価基準
講座では、修了時にAからFまでの成績がつけられる。Aが最も良くてEまでが合格、Fは不合格である。A、C、Eを取るための評価基準は、数個の観点について、全国共通の規定として教科・科目ごとに文章で定められていて、到達度がAとCの中間あたりだとBになる。この絶対評価による成績の付け方は、成績をもらい始める小学校6年生から成人教育に至るまで、すべての教科で共通である。 かつては正規分布に基づく相対評価で成績がつけられていたが、1990年代以降、学習指導要領、ナショナル・テスト、全国共通の評価基準と連動して評価方法の改革が行われ、現在では絶対評価による成績付けが定着している。 筆者はこうした一般的なシステムは理解していたが、履修説明会ではこれに加えて、AからEの内で「自分の目標」を設定するように言われた。……

「何でも屋の教頭・副校長は過労死ライン」「休憩は1日に1、2分程度」――。全国公立学校教頭会(全公教)が今年5月に公表した調査結果で、教頭・副校長(以下「教頭ら」と表記)の勤務時間は1日12時間以上、ひと月240時間以上であることが明らかにされた。学校で一番労働時間が長いのは教頭らだと言える。文科省が2016年度に行った教員勤務実態調査でも、教頭らの勤務時間は週当たり63時間30分を超えていた。これは10年前の前回調査と比べると小学校で4時間以上、中学校で2時間以上の増加だ。 全公教の調査では有休が取りにくい状況も改めて確認された。休暇取得は年間5日未満が最も多く、小学校で52%、中学校で60%を占めた。病気や多忙などを理由に教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。16年度には全国で110人の教頭らが自ら希望し、一般教員に降任している。教頭らの不足は、ますます深刻化している。 ■東京都の事例 小池百合子知事は17年3月、都内の公立小中学校で副校長のなり手が不足していることに言及し、理由について「業務負担が重い」と述べた。……

新学習指導要領の実施に向けて文科省は9月18日、高校の教科書検定基準を改正した。新基準は2019年4月1日から施行し、21年度以降の新学習指導要領に基づいて編集された教科書の検定に適用する。改正に先立ち実施されたパブリックコメントでは、307件の意見が寄せられた。 新基準には、各教科に共通して、新指導要領における「主体的・対話的で深い学び」を実現するための学習指導などが追加された。……

理数系教育に重点を置いた教育課程を高校に認めるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援事業について、文科省は9月18日、有識者会議報告書を公表した。支援事業開始から16年がたち、新学習指導要領で「理数科」が教科として新設されるなど一定の成果が上がっていることやSociety5.0の進展を踏まえ、より高い目標に向けて基礎枠と重点枠の見直しを提言した。 これまでの支援事業はSSH指定校の研究課題(基礎枠)に加え、より先進的な取り組みを指定校が希望する場合、重点枠として最長3年間の支援を受けることができた。……

「未来の先生展2018」初日の9月15日、「『人気の就職先』を辞めて、私たちは高校教師になった」をテーマとしたパネルディスカッションがあった。民間企業から転職した教員らがパネリストとなり、転職した背景や教育にかける思いを語り合った。 パネリストらがかつて働いていた企業は、モデレーターを務めたキリロム工科大学東京事務所の有澤和歌子所長によると、「大学生の希望就職ランキングに入る大企業」。……

9月16日開催の「未来の先生展2018」で、シンポジウム「新しい学校のスタンダードを考える」が開かれた。パネリストとしてN高等学校の上木原孝伸副校長、アミークス国際学園の安居長敏学園長、ゼロ高等学院の内藤賢司学院長が登壇。新時代の学校運営に携わる各人が、現在の教育現場に横たわる問題について、参加者とともに忌憚(きたん)のない意見を交わした。 シンポジウムは参加者を含めたトークセッション形式で進行。……

特別支援 UNIVERSAL

「何でも屋の教頭・副校長は過労死ライン」「休憩は1日に1、2分程度」――。全国公立学校教頭会(全公教)が今年5月に公表した調査結果で、教頭・副校長(以下「教頭ら」と表記)の勤務時間は1日12時間以上、ひと月240時間以上であることが明らかにされた。学校で一番労働時間が長いのは教頭らだと言える。文科省が2016年度に行った教員勤務実態調査でも、教頭らの勤務時間は週当たり63時間30分を超えていた。これは10年前の前回調査と比べると小学校で4時間以上、中学校で2時間以上の増加だ。 全公教の調査では有休が取りにくい状況も改めて確認された。休暇取得は年間5日未満が最も多く、小学校で52%、中学校で60%を占めた。病気や多忙などを理由に教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。16年度には全国で110人の教頭らが自ら希望し、一般教員に降任している。教頭らの不足は、ますます深刻化している。 ■東京都の事例 小池百合子知事は17年3月、都内の公立小中学校で副校長のなり手が不足していることに言及し、理由について「業務負担が重い」と述べた。……

文科省の免許外教科担任制度の在り方に関する調査研究協力者会議は9月18日、第6回の会議を開き、教員免許状の取得要件弾力化を求める報告書をとりまとめた。報告書は、教員の需給動向や人口減少に伴う小規模校増加を踏まえ、教科の専門性を補完する支援を前提に免許外教科担任制度を存続させるべきだとした。 報告書によると、免許外教科担任の全国の許可件数は、1965年度の約7万5000件から2016年度の1万950件へと長期的には減少した。……

よりよい教育を目指す有志でつくる「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」の初合宿が9月15、16日の両日、都内で行われた。 2日間にまたがって行われた第1部では、「想いと実践の『火種』の見える化・共有・相互刺激」をテーマに、同プラットフォームの発起人を含む教育長、校長、その右腕となる教職員30人が参加。……

教育イベント「未来の先生展2018」(文科省など後援)が9月15、16日の2日間、東京都渋谷区の聖心女子大学で開催された。2日目には、日本学術振興会顧問・学術情報分析センター所長で、中教審前会長の安西祐一郎・日本アクティブラーニング協会会長による講演と、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長を交えた記念対談が行われた。「次期学習指導要領の目指すもの」をテーマに、学校改革にも話が及び、リアルな学校現場の本音が語られた。 安西会長は講演で、これからの子供たちが必要とする学びを「困難な時代を迎えようとする中で、幸せに生きていくための学び」とした上で、「忙しい教育の場にいると教員はどうしても狭い範囲でものを見がちだが、もっと広い視野を持たなければならない。……

最大震度7を観測した地震の影響で臨時休校が続いていた北海道胆振(いぶり)地方の公立校12校が9月18日、再開した。震源に近い厚真、むかわ、安平の3町にある小学校5校、中学校4校、高校3校で、登校した児童生徒の元気な声が13日ぶりに校舎に響いた。これにより道内の公立校における臨時休校措置は全て解消された。 北海道によると、18日に再開した公立校は、通学路の安全と給水、交通手段の確保に時間がかかっていた。……

eye-catch_1024-768_takashina-school教育創造研究センター所長 髙階玲治

OECDのシュライヒャー教育・スキル局長が7月に来日し、日本の教育への提言を行った。その提言を要約すると、次のようである。 (1)学習指導要領の改訂実施を優先する(2)学校と地域社会との連携・協働関係を強化することで、包括的・全人的な教育制度を維持する(3)生涯学習を強化し、義務教育以外の教育へアクセスする経済的手段を拡大し、平等を促す。……

大学 UNIVERSITY

理数系教育に重点を置いた教育課程を高校に認めるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援事業について、文科省は9月18日、有識者会議報告書を公表した。支援事業開始から16年がたち、新学習指導要領で「理数科」が教科として新設されるなど一定の成果が上がっていることやSociety5.0の進展を踏まえ、より高い目標に向けて基礎枠と重点枠の見直しを提言した。 これまでの支援事業はSSH指定校の研究課題(基礎枠)に加え、より先進的な取り組みを指定校が希望する場合、重点枠として最長3年間の支援を受けることができた。……

東京医科大学の医学部不正入試を受け、日本学術会議(会長・山極壽一京都大学総長)は9月20日までに、幹事会による声明を発表した。医学部医学科のある大学の徹底調査や医師が働きやすい職場環境の実現を求めている。 声明は、東京医科大学の入試で発覚した女性の受験生が不利になる得点調整の背景には、医師の長時間労働をはじめとする医療現場の構造的な問題があると指摘。……

文科省の免許外教科担任制度の在り方に関する調査研究協力者会議は9月18日、第6回の会議を開き、教員免許状の取得要件弾力化を求める報告書をとりまとめた。報告書は、教員の需給動向や人口減少に伴う小規模校増加を踏まえ、教科の専門性を補完する支援を前提に免許外教科担任制度を存続させるべきだとした。 報告書によると、免許外教科担任の全国の許可件数は、1965年度の約7万5000件から2016年度の1万950件へと長期的には減少した。……

 東大推薦入試に合格した間辺美樹(まなべよしき)さんと、その父であり高校教員である広樹さんが「研究する高校生」をテーマに対談する。最終回では、新学習指導要領で重視されている探究活動と、高校生の研究を実現するための課題を聞いた。探究活動で教員に何が求められているのか――。
■教員が研究をする意義
――広樹さんだけでは、「きらりと光る」生徒を見つけるにも限りがあります。学校全体に広めた方がいいのでは。 広樹 そうだと思いますが難しいですね。他の先生たちに「やってください」というのは、いろいろな意味で厳しいです。例えば柏陽高校では毎年、探究活動の担当者が変わります。高1の担任が基本的にやることになっていますが、そうなれば毎年やる人が変わり、毎回ゼロからのスタートです。  そもそも、教員が生徒に研究指導しようという気持ちになかなかなりません。自分の教科は一生懸命やるけれど、そういう活動はやる気があまりしない。あるいは、やり方から分からない。組織として何かをやることはなかなか難しいです。  ただ今年は、非常に前向きな先生が多いです。……

東大推薦入試に合格した間辺美樹(まなべよしき)さんと、その父であり高校教員である広樹さんが「研究する高校生」をテーマに対談する。第2回では「熟語マニア」の開発経緯や実際に高校生を学会発表させている広樹さんの取り組みについて聞いた。高校生が研究することの難しさとは――。
■「あ、面白い!」
――美樹さんが「熟語マニア」を開発した経緯を教えてください。
美樹 僕は小さい頃から漢字に興味があって、高1で漢検1級に挑戦しました。漢字について勉強していると、同じ漢字が別の熟語にも使われていて、一つの漢字の意味を理解していけば、それを使う熟語の意味も分かる。そういうことがどんどんつながっていくと、漢字の理解になるのです。 勉強する過程でそれに気付き、父に話したら「他者にもそういうことを認識させるためにはどうすればいいのか」と言い出して、漢字の熟語を理解する学習ソフトを作ることになりました。それがこの「熟語マニア」です。高1の2月くらいにその発想に至り、その後ソフトの実装に取りかかりました。完成したのは高2の夏ごろでした。 広樹 彼が高1のときに、学校設置科目として「課題研究」があったんです。……

文科省の汚職事件を検証する省内の調査チームが9月13日、第2回会合を開いた。私立大学研究ブランディング事業をはじめとする同省の公募型事業の選定プロセスの調査の進捗(しんちょく)や課題を検討した。同日までに調査した51件の事業のうち、各事業担当者や検証チームが改善を提案したり、問題点を指摘したりした事業は34件に上った。 今回調査したのは2018年度の公募型事業約640件のうち、9月中に採択予定の51件。……