内閣府は2月27日、「青少年のインターネット利用環境実態調査」の2017年度速報値を公表した。高校生の4人に1人が、インターネットを1日平均5時間以上利用しており、スマートフォンの普及などに伴い、子供のインターネット利用が長時間化している。

皆さんこんにちは。仙台を拠点とする教員採用試験対策専門スクールkei塾主任講師の神谷です。いろいろなご縁がありまして教育新聞の読者向けに採用試験対策を連載することになりました。皆さんの採用試験合格のために、受験対策のプロとしての視点から有益な情報を発信していきたいと思います。

敬愛大学国際学部教授・教職センター長 向山 行雄

スポーツの秋。各地で運動会の練習が真っ盛り。東京オリンピックまで2年足らず。 2020年6月20日は新学習指導要領準備の折り返し点。この日前後に、各学校が業者に発注した通知表が届く。それまでに、各教科等で育成すべき資質・能力について、学年ごとに明らかにする。評価規準を作成し、保護者に説明し理解を得ておく。――聖火リレーが東北の被災地を回っている頃。 準備のゴールは7月20日。……

文科省は4月1日、心と体の性が一致しない性同一性障害の児童生徒の対応について、教員向け手引を発行した。同日付で同省サイトに掲載するほか、全国の都道府県・政令指定都市などに向けて活用するよう通知を発出した。

私はいまでも彼のか細い声を忘れることができません。11年前のこと、彼は小学6年生まで私たちの教室に通っていました。中学2年生のとき1カ月にわたり不登校になったため、母親が「どうにかしなくては」と相談にきたのです。彼の顔はうっすらひげが生え脂ぎった暗い表情でした。不登校で昼夜逆転の生活になっていたからです。

文科省は1月27日、初等中等分科会を開き、答申案「第2次学校安全計画」を大筋で了承した。学校管理下での死亡事故「ゼロ」を目指し、計画的な安全管理や教員研修、次期学習指導要領に向けた防災教育の推進などが盛り込まれた。2月3日の中教審総会で答申される見込み。

1945年8月5日、新宿発長野行き中央本線列車が東京都八王子市の湯の花トンネル入口で、硫黄島から飛来した米軍の戦闘機P51、4機の銃撃を受けた————。小型機による単独の列車への銃撃としては日本最大の犠牲を出したが、太平洋戦争の甚大な被害の中で、日時や場所、犠牲者が報じられることなく、歴史に埋もれていった。 東京都立東大和南高校で日本史を教える齊藤勉教諭は、23歳でこの事件を知ってから37年間、この事件を追い続ける現役の高校教師だ。今年3月に定年退職し、再任用として今も教鞭(きょうべん)をとる。平和を希求する子供を育てたいという齊籐教諭に、教師としての使命感、これまでに集積した惨劇の記憶を聞いた。
■人生の糧となった若き日の出会い
 齊藤教諭は文学部史学科で、日露戦争直後の満州・大連での、日本人の動向を研究。卒業後、八王子市郷土資料館の非常勤職員となり、7人のチームで八王子の戦争の記録を残す業務にあたった。  「戦死者についての取材は、胸が痛くなった」と齊藤教諭は語る。八王子空襲でわが子に焼夷(しょうい)弾が当たったという母親、湯の花トンネル銃撃での犠牲者の遺族——。齊藤教諭の中に「後世に伝える義務がある」という強い思いが芽生えた。「若いときのこの出会いが人生の指針となった」と語る。  37年かけて銃撃事件について膨大な資料を収集し、被害者や遺族、目撃者、救済にあたった人々への取材を重ねた。……

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は7月30日までに、サマータイムの導入を安倍晋三首相に要望した。夏に国全体で時刻を1~2時間早めることにより、大会期間中の暑さ対策を講じる狙いがある。森会長によると、首相は「一つの解決策かもしれない」と答えたことから、期間限定のサマータイム導入が政府の検討課題に浮上した。 森会長は27日、首相官邸で安倍首相と面会した後に会見し、「政府にやってほしい対策はサマータイムだ。……

障害者差別解消法が施行されたのに伴い、学校園には「過度な」取り組みでない限り「合理的配慮」が求められる。その中で兵庫県教委は、インクルーシブ教育システム構築モデル事業を受託。研究で蓄積された合理的配慮の校種別実践例や提供のプロセス例など、今後の取り組みに生かせるポイントをリーフレットにまとめた。

大阪府教委はこのほど、府立支援学校を対象に実施した緊急アンケートの結果を公表した。今年7月、府立難波支援学校で体罰や不適切な指導が発覚したのを受け、他の府立支援学校でも同様の事態がないか調査した。

公式SNS

16,259ファンいいね