日本ユネスコ協会連盟はこのほど、「ユネスコ世界寺子屋運動 書き損じハガキ・キャンペーン2018」を開始した。書き損じた郵便はがき、買い過ぎて余った年賀はがき、未使用の切手やプリペイドカードなどの「タンス遺産」を募金に換え、世界各国の学校に通えない子供たちのために寺子屋を建設する活動にあてる。

兵庫県加西市立加西特別支援学校は8月4日まで、同校で初となる一般向け教材教具展を行っている。会場には、一人ひとりの特性に合わせて作られた教材が並ぶ。自立活動に必要なもの、スケジュール管理に必要なものなど、項目ごとに展示。市内小学校の特別支援学級からも教材が出展されている。

eye-catch_1024-768_chichibu国立教育政策研究所研究企画開発部総括研究官 千々布敏弥

私が複数年関わって何の成果も得られなかった学校がある。1校ではない。あまりの失敗事例の多さに閉口し、赤面するのだが、この問題から逃げるわけにはいかない(というよりも、現在取り組んでいる研究のメインテーマになっている)。 学会仲間に失敗事例の経緯をかいつまんで告白すると、「なぜそんな学校に通ったのか」と非難される。多くの研究者は授業研究に関する自らのテーマを定めており、それにのっとった校内研究テーマを目指す学校に関わっている。 私は学び合いをテーマにして学校に関わっているのだが、学び合いに取り組みたいと考えて私にアプローチをかけてきた学校であるにもかかわらず、なかなか成立しないことが多い。……

修正eye-catch_oomae京都文教大学准教授 大前 曉政

サッカーやバスケットボールの上達のためにノートを活用している人が多くいます。自分のプレーで気を付けたいことや自分がやりたいプレーをノートに書いて、それを意識して試合に臨むわけです。前もって自分のイメージを豊かにしておくことで試合でのパフォーマンスも高まりますし、上達も早くなるのです。教師もよいパフォーマンスを発揮しようと思えば、頭の中の「意識」が大切になります。 例えば、「笑顔で教室に入っておはようと言う」意識のある教師は、意識が続く限り笑顔であいさつできます。毎朝、笑顔で教師からあいさつされると子供はうれしいものです。子供も笑顔であいさつを返してくれるでしょう。これで1日の素晴らしいスタートが切れます。教師が前もって「意識」していたからこそ、高いパフォーマンスが発揮できたのです。 他にも、「子供の発表をしっかりと褒めよう」と意識している教師がいるとします。…

「数学的知識はあるのに、文章問題が理解できず正答できない」「大学入試のパンフレットを理解できず、必要な書類を用意できない」――。8月23日に開かれた東京都の総合教育会議でこんな読解力を巡る状況が明らかになり、国立情報学研究所の新井紀子教授が小池百合子知事や都立高校教員らと児童生徒の指導法について熱い意見を交わした。 小池知事は「(現状に)大変衝撃を受けた。一朝一夕では解決できない課題だが、教育を根幹から改めて考える必要がある」と話した。……

文科省は、弁護士や校長ОBなどを学校業務改善アドバイザーに任命して、全国の教委に派遣する事業を始める(電子版で4月4日、紙面版で4月10日付既報)。

働き方の見直しは、次の3種類に分けて考える。

日本教職員組合はこのほど、組合員を対象に、生理休暇や妊娠・出産への業務の影響などを調査した「権利行使に関する調査報告書」を公表した。女性組合員への調査では、休暇を取得したくてもできないという回答が、生理休暇で3割、妊娠に伴うつわりなどを理由にした休暇で2割に上った。さらに、学校業務が妊娠や出産に影響したという声も4割あった。その背景には、学校現場の多忙化や、体を動かす仕事が多く、代わりの人が確保しにくいなど、学校の働きにくい職場環境の問題が見えてくる。

 文科省は4月25日、幼児教育課程部会の第7回会合を開いた。教育課程編成(カリキュラム・マネジメント)やふさわしい評価の在り方、幼児期に必要な支援方策について、たたき台をもとに話し合いが行われた。

Society5.0に対応した教育政策の方向性を示す報告書「Society5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わる~」が6月5日、文科省から公表された。昨年11月に立ち上げられた林芳正文科相の懇談会や省内タスクフォースでの議論を踏まえたもので、「スタディ・ログ」の蓄積・活用による個に応じた学習の提供や、異年齢・異学年集団による協働学習の実現、高校教育における文理分断からの脱却と、グローバル・イノベーティブ人材の育成を目的としたコンソーシアムの創設を掲げた。 報告書では、Society5.0に求められる共通の三つの力として、▽文章や情報を正確に読み解き対話する力▽科学的に思考・吟味し活用する力▽価値を見つけ生み出す感性と力(好奇心・探究力)――を位置付け、読解力や社会的スキル、情報活用能力の育成がこれまで以上に重要になるとした。

公式SNS

16,245ファンいいね
0フォロワーフォロー