購読案内

1_3_2017lp

大学生[院生]、臨時教員の方へご案内

大学生[院生]、臨時教員・講師の方は、学生割引をご利用頂けます。詳しくはこちらの案内をご覧ください(正規教員、大学教職員の方は学割の適用対象外となります)。

2_1_2017lp
3_2_2017lp
4_1_2017lp
5_2_2017lp
7_2017lp
8_1_2017lp
9_2017lp
14_2017lp

国の教育政策の動向から、全国各地の自治体や学校現場の潮流まで、最前線の動きをリアルタイムに報道します。教育全体の動向や先の見通しが分かり、あなたの実践にブレない指針が加わります。

10_2017lp
15_2017lp

注目の教育ニュースを深掘りする「クローズアップ」。各分野のリーダーの視点で、学校教育の最前線のリアルな課題に迫ります。自校が取り組むテーマの最新動向が分かり、新しい提案に役立つ具体例が入手できます。

11_2017lp
16_2017lp

教育分野の代表的な識者が、教育ニュースの押えるべきポイントを、教師の視点に立って、分かりやすく解説します。専門性の高い見立てがあれば、教職員や保護者への説得力が増します。

12_2017lp
17_2017lp

管理職の切迫した課題や、学校全体の最新課題について、選りすぐりの事例をレポートします。教職員でビジョンを共有する資料として活用でき、意思疎通も深まります。

13_2017lp
18_2017lp

最前線で活躍するトップエキスパートが、新しい発想やメソッドを提案します。あなたの実践を後押しするアイデアで、毎日の仕事へのモチベーションが上がります。

私たちも
教育新聞を
活用しています!

[ご購読者アンケートから]

最新の教育動向を知ることで、日々の実践の中で、なにか判断を迫られるときに、指針や基準になると感じています。

30代女性/小学校教員

指導要領の改訂、部活動ガイドラインなど、新しく変わっていくことが多く、情報収集したいと思っていました。電子版を見て、有料でも読む価値があると感じました。これからの教育をより良いものにするためにも、知っておくべきことがたくさんあると思います。

20代男性/中学・高校教員

高大接続や入試改革について情報を得たいと思いました。継続的に読めるか心配でしたが、スマホで読めるので、積読になりません。読むことで、自校から離れた視点が持て、自分の教員としての立ち位置を確認できます。

40代男性/高校教員

働き方改革など、自分が知りたい内容の特集が組まれていたことが、購読のきっかけでした。忙しい中で読めるか心配でしたが、アプリを活用して読んでいます。購読してからは、見識が広がり、さまざまな場面で活用できるようになりました。

30代男性/中学校教員

内容が教育に特化されつつも、世界にも目を向けた記事があります。購読してからは、現場のおかしな点にも気づけるようになりました。情報は買ってでも集めた方が良いと思います。

30代男性/小学校教員

日々の研修だけでは得られない情報や、社会が求める教育情勢を知りたいと思っていました。購読してからは、視野が広がり、研究を進めるにあたって、多角的な視点から課題をみつけたり、他の教員に情報を提示することができています。

40代女性/小学校教員

教育に関する情報を幅広く取り入れたいと思っていました。購読料と継続して読む必要があるかどうかで少し悩みましたが、電子版の読みやすさと、特集の内容が決め手になりました。読んでみると、自分の目線が上がり、視野が広がります。同僚や管理職と共有できる話題も増えました。

40代女性/教育委員会

興味のある記事が多くて、リアルタイムに情報が分かります。外から情報が入ってくるようになり、検索して探す手間がなくなりました。雑誌より短時間で読めるので、情報ツールとしておすすめです。

30代女性/小学校教員

2つの購読プランから選べます

電子版プラン

img_price_1
電子版のみでOKの方はこのプラン。

購読料 月額2,500円+税

(1)スマホ・PCでいつでも読める。
(2)iOS&Androidアプリで読める。
(3)バックナンバーがすぐ読める。

新聞宅配版+電子版プラン

img_price_2
新聞紙面も必要な方はこのプラン。
(新聞宅配版のみのプランはありません)

購読料 月額3,000円+税

(1)一目で見やすい紙面で読める。
(2)自宅は紙面、外出中はスマホで。
(3)記事のバックナンバーは電子版で。

アプリでもっと便利に!

【お申し込み後にダウンロード】

電子版は、スマートフォンのアプリで読めます(iOS&Android対応)。記事クリップも簡単!重要な情報はプッシュ通知でお知らせします。

購読のお申し込み後に、アプリをダウンロードしてご利用ください(「App store」「Google play」から)。

教育新聞appA

【購読会員限定イベント】

購読者限定ワークショップで、ゲストや参加者と濃密な学びや交流が得られます。

学校改革のトップランナーが登壇する公開収録で、購読者限定の交流ワークショップを開催しています。ゲストと交流を深め、少人数で実践者の濃密な学びが得られます。

previous arrow
next arrow
Slider

電子版はお申し込み後、
すぐに読めます!

宅配版は1週間程度でお届け開始。

購読に関するQ&A

お支払い方法について

お支払い方法は「クレジットカード」「WEB口座振替」をご利用いただけます。お支払いは1ヶ月毎の引き落しとなります。

法人のお客様は「クレジットカード」「請求書払い(3ヶ月毎)」をご利用いただけます。

【WEB口座振替のご案内】
WEB口座振替はWEB上で口座振替のお手続きを頂く方法です。ご利用可能金融機関及び利用要件はこちらからご確認ください。

ご登録には通常、「口座番号」「生年月日」「キャッシュカード暗証番号(又はネットバンキング暗証番号)」が必要になります。また上記に加え「記帳済最終残高」が必要となる銀行は以下の通りです。

◆記帳済最終残高が必要になる銀行
みずほ銀行(ネットバンキングの未利用者)、三菱UFJ銀行、群馬銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、静岡銀行、池田泉州銀行、広島銀行、愛知銀行、宮崎太陽銀行、東北銀行、信用金庫の一部。

契約期間について

契約期間は1ヶ月ごとの自動更新となります(法人で請求書払いのお客様は、請求期間ごとの自動更新となります)。契約期間内の中途解約はできません。

契約期間の開始日は、お申し込み送信完了日の翌月1日からとなります。

電子版はお申し込み直後からお読み頂けます。新聞宅配はお申し込み後1週間前後で開始致します。契約期間の開始日以前は購読料金は発生しません。

契約キャンセルについて

購読契約の申し込み月(申し込みの送信完了日が属する月)の末日までに、下記の方法で契約のキャンセルを行った場合は、購読料は発生致しません。

電子版にログイン後、「契約情報の確認・変更」>「契約キャンセル」からお手続きできます。

契約期間は申し込み月の翌月1日午前0時から開始します。契約期間の開始日以降は、契約期間内の中途解約はできません。

学生割引について

大学生[院生]、臨時教員・講師の方は、学生割引をご利用頂けます。詳しくはこちらの案内をご覧ください(正規教員、大学教職員の方は学割の適用対象外となります)。

[購読プラン/料金]
電子版プラン 月額1,700円+税
宅配+電子版プラン 月額1,980円+税
※新聞宅配のみのご契約のお取り扱いはありません。
※学割の適用期間は購読開始から5年となります。

[学割対象]
・大学生・院生の方(通信教育課程、科目履修生含む)
・国公私立学校の臨時教員・講師の方(正規教員、大学教職員の方は適用対象外となります)

[お申し込み方法]
購読申し込み時のメールアドレス認証画面で、ご職業欄を「大学生・院生」又は「臨時教員・講師」のいずれか該当するものをご選択ください。大学名等の記入が必要となります。

法人購読について

お支払方法はクレジットカード、請求書払いをご利用頂けます。

電子版は1アカウント1ユーザーでご利用頂けます。

以下の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。担当より後日ご連絡させていただきます。
・お見積りが必要な場合
・ご契約者とご利用者、新聞送付先が異なる場合
・請求書の送付先、お宛名等を変更したい場合
・その他のご要望

消費税率について

2019年10月1日以降の購読プランごとの消費税率は以下の通りです。

  • 電子版プラン 消費税率10%
  • 宅配版+電子版プラン 消費税率10%

※電子版プランは新聞に対する軽減税率の対象になりません。
※宅配版+電子版プランは、価格構成における内訳がないプランのため、新聞に対する軽減税率の対象にはなりません。