忙しくするだけの改革から新時代の改革へ