義務教育「有償負担」の現実