けテぶれ革命

なぜ学校は宿題を出すのか――。誰もが一度は抱く「学校の当たり前」に対する疑問。それに真正面から向き合い、パラダイムシフトを起こした教師がいる。兵庫県西宮市立夙川(しゅくがわ)小学校の葛原祥太教諭は、子供が宿題を通じて自ら学ぶ力を身に付けるシステム「けテぶれ」を編み出し、著書『「けテぶれ」宿題革命!』(学陽書房)がベストセラーになるなど注目を集めている。どのようにして「けテぶれ」は生まれたのか。葛原教諭の実践に迫った(全3回)。

【けテぶれ革命】思考する教師の原点

【けテぶれ革命】子供が自ら学びを紡ぎ出す

公式SNS

19,863ファンいいね
49,139フォロワーフォロー