学校でしか救えない子供たち

児童精神科医として医療少年院や病院に勤務してきた立命館大学産業社会学部・宮口幸治教授の著書『ケーキの切れない非行少年たち』が、話題を呼んでいる。「見る力」や「聞く力」などの認知機能が弱く、支援が必要にもかかわらず行き届いていない「気づかれない子供」がテーマだ。「彼らを救えるのは学校しかない」と話す宮口教授に、学校や教師ができることを聞いた。(全3回)

【宮口幸治教授】認知機能を見極める

公式SNS

21,925ファンいいね
53,453フォロワーフォロー