学校に空き容量をつくる! 大分大学教育学部附属小学校の働き方改革

全員が午後6時45分までに退勤、職員会議の廃止、大学附属校なのに独自研究を基にした公開研の廃止、夏と冬に各10日連続の閉庁日の実施――。50項目以上の業務を見直し、削減した大分大学教育学部附属小学校の学校改革が今、多くの教育関係者から注目されている。2015年度の改革スタート時から同校に赴任し、昨年度からは校長を務める時松哲也氏へのインタビューでは、かつて「ブラック」な職場と言われて異動希望者が集まらず、存続さえも危ぶまれていた同校が不退転の覚悟で挑んだ学校改革の全貌に迫った(全3回)。

公式SNS

21,925ファンいいね
53,496フォロワーフォロー