探究を生み出す学びの場づくり

オンライン授業の次のステージとして、仮想現実(VR)の活用が注目されている。そんな中、声や動きをオリジナルキャラクターに演じさせるVチューバーにいち早くチャレンジしたのが、岡山県立瀬戸高校の絹田昌代指導教諭だ。絹田教諭扮する「シルキィ先生」が、どのようして地方の公立高校で実現したのか、その秘密を探った。