与える教育からの脱却

「未来の社会をつくるのは教育であり、その教育を描くのは一人一人の教師だ」――。教育新聞では2月7日、横浜創英中学・高校の工藤勇一校長と、小中高生に起業家プログラムを提供する民間企業TimeLeapの仁禮彩香代表をゲストに迎え、読者限定のオンライン対談を開催した。テーマは、「与える教育からの脱却~社会の当事者を育む~」。子供を当事者にするためには、大人を含めた社会全体が当事者意識を取り戻すことが不可欠と強調する両者。そのために、教師には何ができるのだろうか。二人の対話を基に、ヒントを読み解く。