精神疾患の親を持つ子供たち

逆境的小児期体験の一つとされる、「家族に精神疾患の人がいる」子供たち。周囲に相談をしない子供がほとんどだが、それでも相談した相手は学校の担任だった――、そんな調査結果が報告された。大阪大学大学院の蔭山正子准教授らの研究グループが行ったこの調査(注)には、「精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)」の事業に参加した経験がある、120人の成人(20~50代)が回答した。最近注目される「ヤングケアラー」を含む、精神疾患の親を持つ子供たちは、どんな状況に置かれ、何を必要としているのか。蔭山氏に聞く。