「校内完結しない学び」で手に入れる 社会とつながるパスポート

社会とつながって教育活動をすれば、いろいろな人にパスを出しながら生徒の可能性を伸ばすことができる――。この4月から札幌市教委で新たなスタートを切った西野功泰(よしやす)指導主事は、3月まで市立札幌大通高校(定時制、三部制、単位制)で、キャリア教育や課題解決型学習(PBL)、教科横断型学習など、数々の外部連携プロジェクトを実践し続けてきた。多くの実践のベースとなった同校の「ミツバチプロジェクト」と、社会とつながる教育実践の中で、西野氏が大切にしてきたものを聞いた。