「消滅する教科」へ挑む ICTが変えた私の授業観

「教員が思考を変えなければ、実技教科はいつか消滅してしまう」――。東海大学付属静岡翔洋小学校の音楽専科、塚本伸一教諭は、こう危惧する。義務教育課程での授業時数の減少や、コロナ禍での授業実践の難しさなど、数々の問題に直面する実技教科。ICTを取り入れながら、技術偏重思考を取り払った授業デザインに挑戦し続ける塚本教諭は、子供たちがどんな学びを描き、どんな力をつけていくべきだと考えているのだろうか。(全3回の1回目)