児童のICTリテラシーに期待!-iPadマイスター制度(前編)【iTeachers TV】

教育新聞は、教育ICTの実践を特集した動画番組「iTeachers TV」に協賛しています。

今回のプログラムは、古河市立上大野小学校・薄井 直之先生による「児童のICTリテラシーに期待!-iPadマイスター制度(前編)」です。

薄井先生は同校の研究主任を務め、児童の表現力の向上を目指しています。

同校では、平成27年度9月より全校児童に1to1のiPadが整備。

導入に際して、教員側にも児童側にもiPadをどのように使うか不安が見られたため、iPadの基本操作や授業で使用するアプリケーションの操作に慣れた児童を「iPadマイスター」とする認定制度を設けました。

6年生児童全員がiPadマイスターに認定され、低学年児童のiPadの初期設定を行ったり、基本操作を教えています。

さらには教員に対して操作方法を説明するビデオを作成するなど、校内でのiPad活用を普及させることにつながっています。