児童のICTリテラシーに期待!-iPadマイスター制度(後編)【iTeachers TV】

教育新聞は、教育ICTの実践を特集した動画番組「iTeachers TV」に協賛しています。

今回のプログラムは、古河市立上大野小学校・薄井 直之先生による「児童のICTリテラシーに期待!-iPadマイスター制度(後編)」です。

薄井先生は同校の研究主任を務め、児童の表現力の向上を目指しています。

同校では、平成27年度9月より全校児童に1to1のiPadが整備。その環境を活かし、ロイロノートを用いた朝のスピーチタイムを実施しています。

当初は自分の意見を述べることが苦手な児童が多かったのですが、iPadを使い自分の考えの根拠となる写真やグラフを提示することで、堂々と発表できる児童が増えてきました。

聞き手の児童も、発表者のスピーチの内容が可視化さ­れることで内容を理解しやすくなり、スピーチ後に行う質問の質が向上しました。発表者­と聞き手が双方向で1つのテーマについて意見を交換する時間となったことで、表現力の­向上が見られました。