ICTは算数の授業をどう変えるか? 〜やる気を引き出すアダプティブラーニング実践事例〜(後編)【iTeachers TV】

[vc_video link=”https://www.youtube.com/watch?v=_XHlAEIDN_U&feature=youtu.be”]

I教育新聞は、教育ICTの実践を特集した動画番組「iTeachers TV」に協賛しています。

学校など教育現場にタブレットをはじめとするICTの導入が進んでいます。

さまざまな活用事例があるなか、今回は、ICTが算数の授業をどう変えていくのかの事例として、ICTを使って児童一人ひとりに合った形で問題を出し分ける、アダプティブラーニングの実践を紹介します。

後編では、授業者から見たアダプティブラーニングについて説明をします。アダプティブラーニングのシステムを活用することは、これまで先生方が積み上げてきた算数の授業の方法を壊すことではなく、今までの算数の授業にプラスαして、今まではできなかった教え方ができるようになることにつながります。

ICTでできることはどんどん増える、そしてそれは、ICTを使って先生にできることも増える、ということです。算数の授業をICTがどのように変えるのか、その可能性を思い描いてほしいと思います。

あなたへのお薦め

 
特集