【告知】世界が注目する「埼玉県学力調査」の試み

埼玉の学力調査は何が違うのか?
評価は「平均点」から「学力の伸び」へ 教員の役割を「見える化」する

個々の児童生徒の「学力の伸び」が見られる画期的な調査として注目を集めている埼玉県学力・学習状況調査(埼玉県学力調査)。この調査は、いったい何が違うのか?当時、学力調査の開発に携わったキーパーソンの2人に独占インタビューした全2回。

調査を開発した大江氏(右)と大根田氏

埼玉学力調査の特徴、「学力の伸び」をはかるための調査の具体的な仕組み、「学力の伸び」が測れるようになったことで教育現場にどのような変化が生まれたかを聞いた。

インタビュー記事「IRTによる縦断調査で個々の学力の伸びを測る」はこちら

 

また、4年間にわたる調査の分析は、各児童生徒の「学力の伸び」だけでなく、「学力を伸ばす指導」についてまでも見えるようになったという。

埼玉県学力調査が示すその可能性に迫った後半「非認知能力とALが鍵 OECDも可能性に注目【購読会員限定】」はこちら
「ALと学級経営が非認知能力と学力を伸ばす両輪」と大根田氏
「エビデンスに基づいた教育施策が実現できる」と大江氏

 

 

 

 

 


■関連ニュース■
埼玉県学力調査が縁結び 戸田市が西会津町と提携

教育交流提携を調印した戸田市と西会津町

 

クローズアップとは…
教育における最新トピックスや注目のテーマ、話題の人にスポットをあて、教育新聞編集記者が掘り下げる特集企画。
毎週月、水、金の朝5:00掲載。
バックナンバーはこちら