【社会問題×教育】課題設定できない子供たち

学校や一般向けに、社会問題の現場に訪れる「スタディツアー」を企画・運営している一般社団法人リディラバ代表の安部敏樹氏。自身は17歳のときに漫画『ドラゴン桜』を読み、偏差値30台から東京大学に合格。その後、19歳でマグロ漁師となり、21歳でリディラバを立ち上げ、29歳で「フォーブスが選ぶアジアの若手社会起業家」に選ばれるなど、波乱万丈な人生を歩んできた。東大で「社会起業」をテーマとした講義や、教員向けの講義も行うなど、その活躍は多岐にわたる。インタビューの2回目は、安部氏が今の学生を見て感じる学校教育の問題点について聞いた。(全3回)
この特集の一覧
社会の無関心を打破すれば学びは加速する

自分が体験したことからしか課題は生まれない
——現状に満たされている今の子供たちは、そもそも問題意識や課題意識が低いと言われています。問題意識を持たせるためには、どうすればよいのでしょうか。
僕は東京大学の学生にも授業していたのですが、東大でさえ、問題意識や課題意識のない学生が多いと感じています。

これまで詰め込み型の教育を受けてきた学生らは、過去から推察して考えたり、言われたことに対しては速く正しく反応できたりします。正解のある問題には強い。しかし、例えば難しい方程式を正確に解けたところで、機械の処理能力・革新的なアルゴリズム・あらゆるタイプのデータセットがそろってくる現代においては、多くの分野で人間よりも機械の方が正確に速く解ける。そうなると正しい答えを求める能力は、それだけでは意味をなさない。

つまり、知識・技能があっても、未来に対する課題意識がないと意味がありません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。