問題行動が激減する MLAの理論と実践(12)SC・SSWとの連携

MLA研究開発者会議

私はこれまでスクールカウンセラー(SC)として学校と協働してきた。今後チーム学校の動きが本格化し、心理の専門家であるSCや福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカー(SSW)が学校に常駐するようになるだろう。その立場からMLAについて考えたい。

MLAの校内リーダーは、三次支援が必要になるような困難なケースに関する情報交換の窓口だけでなく、SCやSSWなどの専門家と教員の間を取り持つ通訳としての働きも求められる。

その際に忘れてならないのは、教師の仕事は一次支援と二次支援で、三次支援はSCやSSWの仕事、ではないということだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。