海外とのスポーツ指導の違いなど アスリートら語り合う

現役アスリートらによる、子供がスポーツに親しむ価値がテーマのパネルディスカッションが8月7日、日本ユニセフ協会の主催でオンライン開催された。同協会の「子どもの権利とスポーツの原則」に賛同するアスリートと競技団体関係者が、日本のスポーツ指導の在り方や、新型コロナウイルスのスポーツへの影響などについて語り合った。

ユニセフ(国連児童基金)と同協会は2018年11月に「子どもの権利とスポーツの原則」を発表し、指導者による暴力やハラスメントを排除し、子供の意見やバランスの取れた成長を尊重することを提唱。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。