高校生が起業を目指す課外活動 都立高初、千早高校で

高校生が起業を目指すPBL型の課外活動「起業ゼミ」が、10月から東京都立千早高校(小塩明伸校長、生徒621人)で始まった。創業支援事業を行う「ガイアックス」の社員が講師となり、生徒は投資を前提としたビジネスプラン作りに挑戦。プランの将来性が認められれば、同社から出資を受けられる。投資を前提とした起業家教育のプログラムは、都立高校で初めての試みとなる。

開校以来、英語とビジネス教育に特化したカリキュラムを展開している同校。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。