【旅する先生】異国の地で殻を破る教員志望者

教育に興味を持つ大学生が、フィリピンのセブ島やフィンランドの学校現場で教壇に立つ「Global Teacher Program(GTP)」では、4年間で200人以上の学生が異国の地で授業をしてきた。発案者の平岡慎也氏は教員志望の学生について、「困っていて、迷っているように見える」と話す。いろいろな問題が山積する日本の学校教育。そうした時代にあって、教員志望者はどのような理想を描き、現職教員はどう寄与していけばいいのか。インタビューの第2回では、平岡氏にそのヒントを聞いた(全3回)。
この特集の一覧
20カ国の学校を巡った旅する先生

「子供のために頑張れるか」が唯一の選考基準
――平岡さんが発足させたGTPについて教えてください。
主に大学生が異国の学校で1~2週間、切磋琢磨(せっさたくま)しながら教育実習をします。教職課程の履修の有無や英語力などの条件を設けずに募集していますが、7割ほどの参加者が教職課程を取っている学生です。

2016年にセブ島でスタートし、これまでにセブ島で8回、昨年からスタートしたフィンランドで4回、実施しました。また、コロナ禍の影響で延期になっていますが、ハワイでのプログラムも開始する予定で進めています。

そもそも学びとは、学ぶ意欲のある人が自由に学べる形が理想です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。