税と社会保障に関する学習 未来に向けた賢明な選択のために

教育新聞論説委員 工藤 文三

わが国の財政の状況

10月に公表された「日本の財政関係資料」(財務省)の第1部では、「Ⅰ. 我が国財政の現状」「Ⅱ. 財政健全化の必要性と取組」「Ⅲ. 各分野の課題」が順次整理されて示されている。「Ⅰ.」では、2019年度の一般会計予算が示されるとともに、普通国債の残高、国債残高の増加要因と国際比較、財政健全化に関する資料などが記載されている。

一般会計の歳出・歳入の推移のグラフを見ると、1989年までは一般会計の税収は伸び続け、それに伴って歳出も増大してきたことが分かる。しかし、バブル崩壊以降税収は年度によって上下はあるものの、09年度まで下降線をたどった。

一方、税収が下降しているにもかかわらず、歳出は上昇し続け、歳入と歳出の開きは年度によって増減はあるものの拡大してきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。