学級担任って大変なの?(8)教材研究は欠かせない



児童生徒に「分かる」「できる」を実感させるためには、何よりまず教員自身がその授業において「何を学ばせるのか」「どのように学ばせるのか」「どこで評価するのか」をしっかりと持っておく必要がある。そのような自信のある態度で授業を行うために必要なのは、十分な教材研究である。

学級担任の業務をこなしながら、授業についても絶え間ない研さんが求められる。

10の内容を教えたいなら、100の教材研究に時間を惜しまず取り組む覚悟が大切だという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。