多忙化解消は管理職のスキルアップで 教職員支援機構が研究報告

独立行政法人教職員支援機構は3月29日、「調査研究プロジェクト」成果報告会を都内で開催した。校長の資質向上や教員の養成・研修・採用の改善を目的とした調査研究の成果の普及が狙い。校長・教員や教委指導主事ら約200人が参加する中、「教師力を磨く校内研修のあり方」「管理職に求められるタイムマネジメント・スキル」など五つのテーマについて報告があり、意見交換や質疑応答が行われた。

國學院大學の田村学教授は「『主体的・対話的で深い学び』を見取り、実現する校内研修」をテーマとした研究の成果を発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。