【独自】4235人増の教職員定数改善 文科省概算要求

学校の働き方改革や教育課題への対応に向けて、文科省が2020年度予算案の概算要求に、4235人増となる教職員定数の改善を盛り込む方針を固めたことが8月27日、分かった。小学校の英語専科指導の加配などを継続した上で、新たに小学校高学年で教科担任制に取り組む学校を支援するための加配を計画する。

概算要求では、新学習指導要領での小学校5年生以上での「外国語」(英語)の教科化や、3年生からの「外国語活動」実施に対応するため、前年度に引き続き1000人の英語専科指導のための加配を実施する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。