高校生が「防災の日特番」を動画配信 企画制作手掛ける

教員は種をまき、環境を整える。成長して動き出すのは生徒自身――。東京都八王子市にある工学院大学附属高校(平方邦行校長、生徒1108人)は9月1日、脚本・撮影・編集の全てを生徒が手掛けた「防災の日特別番組」を動画配信した。動画制作の発案も生徒で、教員は生徒の相談に応じて教室の確保や機材の貸し出し、外部との連絡などを担っただけだったという。

同番組は「防災の日」である9月1日に合わせ、生徒が今年8月、宮城県気仙沼市、石巻市、女川町、岩手県釜石市など東日本大震災の被災地で取材した内容をまとめたドキュメンタリーや、東京都が発行している冊子「東京防災」を基にした防災グッズの作成方法などで構成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。