【PISA2018】数学・科学はトップクラス 読解力は低下

OECD(経済協力開発機構)は12月3日、生徒の学習到達度調査(PISA)の2018年調査の結果を発表した。読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野のうち、日本は読解力で参加79カ国・地域のうち15位と大きく後退し、平均得点も下がった。数学的リテラシーと科学的リテラシーで15年の前回調査と同様、世界トップレベルの成績を維持した。

3分野の日本の順位

日本の読解力は、国別順位が参加79カ国・地域で15位、OECD加盟37カ国で11位だった。平均得点は504点。OECD平均より高得点のグループに位置しているものの、前回調査と比べても順位、平均得点共に低下した。さらに、習熟度レベル1以下(408点未満)の低得点層の増加がみられた。

数学的リテラシーでは、国別順位が全参加国・地域で6位、加盟国で1位だった。平均得点は527点。日本の平均得点と統計的に有意差がない国は、台湾、韓国、エストニアだった。習熟度別の推移をみると、日本はレベル1以下(420点未満)の低得点層が少なく、レベル5以上(607点以上)の高得点層が多かった。

科学的リテラシーの国別順位は全参加国・地域で5位、加盟国では2位。平均得点は529点。加盟国で1位のエストニアと統計的な有意差はなかった。ただし、上位国には共通して、前回調査と比べると平均得点が低下する傾向にあった。習熟度別の推移では、数学的リテラシーと同様、レベル1以下(410点未満)の低得点層が少なく、レベル5以上(633点以上)の高得点層が多い。

参加79カ国・地域では、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野で、中国から地域単位で参加した北京・上海・江蘇・浙江がいずれも1位、シンガポールが2位、マカオが3位を占めた。

平均得点と社会経済文化的背景(ESCS)の関係をみると、加盟国平均も日本もESCSが高い水準であるほど習熟度レベルが高い生徒の割合が多く、ESCSが低い水準ほど習熟度レベルが低い生徒の割合が多い。ただ、日本はOECD加盟国の中で社会経済文化的な水準の生徒間の差が最も小さく、生徒の得点に影響を及ぼす度合いが低い国となっている。

PISAは義務教育終了段階の15歳の子供(日本では高校1年生に相当)を対象に、2000年から3年ごとに実施。今回の調査では79カ国・地域から約60万人が参加した。日本は全国から抽出した183校、約6100人の生徒が参加し、18年6~8月に実施した。前回調査からコンピューターを使用した調査に移行している。


関連