【入試改革】「問題は収まっていない」大学教授ら署名提出

来年度の大学入試から導入される大学入学共通テストについて、大学教授らによる「入試改革を考える会」は1月20日、英語民間試験の活用延期と記述式問題の見送りを受け、改めて共通テストの来年度実施の延期とセンター試験を継続する決定を求める緊急声明を出し、賛同する1307筆の署名を文科省に提出した。

緊急声明では、昨年12月の国語と数学の記述式問題見送りについて、「問題形式の大きな変更」だと指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。