コロナ危機下での教育課題を討論 日本教育学会が座談会

パンデミック(世界的大流行)の中で学びを支えるために、何が必要か――。日本教育学会は6月29日、新型コロナウイルスを契機にした教育課題を討論するオンライン座談会を開いた。9月入学の問題を検討し、慎重な議論を求める提言をまとめた同学会特別委員会のメンバーらが、学力格差への対応や少人数学級の実現など、コロナ危機における学校教育の課題に教育学がどうアプローチするかで激論を交わした。

座談会は同学会の会員を対象に、6~7月に全4回の開催を予定している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。