世界の教室から 北欧の教育最前線(16)入試がない国の学校成績

スウェーデンでは6年生まで成績を受け取らない。また、高校や大学で日本のような入学選抜のための学力試験は行われない。しかし学校の成績への関心は高く、常に議論が続けられている。一体何が論点になっているのだろうか。


得意分野で勝負

高校にも大学にも日本のような入学試験がなく、スウェーデンの生徒たちは希望する学校や学科を自由に選択する。しかし希望者が多い学校や学科では、前段階の学校での成績を資料にして選抜が行われる。

例えば高校入学の際には、義務教育最終学年の時につけられるA~Fの成績が、Aは20点、Bは17.5点、Cは15点、Dは12.5点、Eは10点、そして不合格のFは0点と換算され、成績がいい16教科の合計点を比べて、得点が高い生徒から順に入学が認められる。

生徒は全教科で満遍なくいい成績を取る必要がなく、自分の得意な教科に集中して高得点をねらうことができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。