新指導要領に基づく学習評価 国研が教員向け解説を公表

小中学校における新学習指導要領の全面実施を前に、国立教育政策研究所は3月26日、指導と評価の一体化を図るための学習評価の教員向け参考資料をホームページで公表した。各教科や「特別活動」「総合的な学習の時間」に関する評価規準の作成手順や単元、題材に基づく具体的な評価事例などを解説している。

新学習指導要領では、総則で学習評価の充実がうたわれ、児童生徒の主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善と、評価の場面や方法を工夫して学習過程や成果を評価する、評価そのものの改善を両輪で行う必要性を明記。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。