【北欧の教育最前線】信頼の糸を張る蜘蛛・フィールドワーカー

若者の孤立が深刻だ。コロナ禍で居場所を失った若者も大勢いる。スウェーデンでは精神的に不安定な子供や若者が増えており、難民の若者が社会になじめずに自ら命を絶つ例もある。学校や地域から取りこぼされ、心のよりどころのない若者のために働くスウェーデンの「フィールドワーカー」を紹介する。

顔見知りとして若者を支える
フィールドワーカーはアウトリーチによって若者の心のよりどころをつくる行政職員だ。孤立や犯罪、いじめや差別といった問題の「予防事業」を担う職員で、主に13歳から20代前半の、社会に居場所がないリスクゾーンの若者を対象とする。

フィールドワーカーの職場は街全体だ。昼夜・休日問わず若者が集まる場に出かけ、信頼関係を築く。出向く場は、道端や街中、学校や家庭、ユースセンター、スポーツクラブや若者を対象とした事業を行う非営利組織など、若者の活動場所全て。そのため、地域のほとんどの若者はフィールドワーカーと顔見知りだ。

フィールドワーカーの主な職務はアウトリーチ活動と、学校やさまざまな機関との連携である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。