心理的安全性と学級経営 組織の強みと弱みを見極める(千々布敏弥)

国立教育政策研究所総括研究官 千々布 敏弥



最近、心理的安全性という言葉に出合う機会が複数回あった。ハーバード大学のエイミー・エドモンソン氏による概念らしい。邦訳として『チームが機能するとはどういうことか』(英治出版)が出ている。

この概念自体に文句はないのだが、この言葉を使っている人が、あたかもこれまでこのような配慮が組織内で示されることはなかったかのように語っているのが気になっている。

テイラー(フレデリック、米国、技術者・経営学者)の科学的管理法に対するアンチテーゼとしてメイヨー(エルトン、オーストラリア、文明評論家)の人間関係論は1927年から32年に行われた実験から示された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。