世界の教室から 北欧の教育最前線(20)スウェーデンの英語教育

日本では来年度から小学校英語が大きく変わる。5、6年生は教科として、3、4年生は外国語活動として始まる。英語教育への関心はさらに高まりそうだ。スウェーデン人は英語が流ちょうなことで知られる。母語はスウェーデン語なので英語は外国語である。また、スウェーデン語以外を母語とする移民も多いため、英語が第二、第三外国語である場合も多い。それでも、ほとんどの人が英語を話せるのである。言語の類似性や、メディア、日常生活で英語に接する機会が多いという事情もある。学校での英語教育はどうなっているのか。




■高校生が英文学を議論

ウプサラの高校で英語の授業を参観した。この日の授業では、2年生がヘミングウェイの『白い象のような山並み』という短編小説を読み、そのテーマ、人物や風景の描写、シンボルについてグループで議論していた。この短編は、一組の男女が中絶をめぐる会話を展開するが、それについて明示されていない。

「二人は恋人みたいだけど、関係がこじれているみたい」「何か犯罪を計画している話し合いなのでは」「二人の性格はずいぶん違うように描かれている」

生徒らは最初、スウェーデン語を交えながら話し合っていたが、授業の最後の方にはほとんど英語だけで進めていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。