【英語民間試験】全高長緊急シンポ 学校長の不安あらわ

大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用延期を求めている全国高等学校長協会(全高長)は10月21日、緊急シンポジウム「英語4技能の民間資格試験は混乱なく実施できるのか」を都内で開催した。校長ら約80人が参加する中、文科省や大学入試センターの担当者と英語民間試験の実施団体の関係者が登壇し、受験生や高校現場の不安について質疑応答を行った。文科省担当者の回答に会場の校長から異を唱える声が上がるなど、学校側の不安が解消しきれていない現状が浮き彫りになった。

全高長会長を務める東京都立西高校の萩原聡会長は冒頭、「これまで文科大臣に対し、英語民間試験の延期と制度の見直しを求める要望を出してきたが、いまだに大臣からは回答がなく、混乱なく実施できるのか依然として不明だ」と強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。