「温かい心」を育てる 名古屋市立豊正中学校

「豊正オアシス」を通して

はじめに
本校の生徒たちの多くは、さまざまなことに意欲的に取り組み、明るく生活しているが、近年、自己肯定感や自己有用感が持てない生徒が増えてきており、基本的生活習慣が乱れたり、不登校傾向に陥ったりする生徒の増加が目立つ。

そこで本校では「温かい心」と「確かな学力」を身に付けさせることで、自他ともに大切にし、将来にわたって自信をもって生きることができる生徒の育成を目指し、「すてきな笑顔で、自分や仲間を大切に!」をテーマに実践を行っている。教員も生徒も、立場はそれぞれだが、同じテーマで実践に取り組んでいる。
「温かい心」を育てるために
(1)豊正オアシス
生徒の「温かい心」を育てるために、一人一人が互いの違いを認め合いながら、共感し合うことのできる仲間づくりを進めることが必要である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。