(読者の窓)地域の支え

本校は、幸田町の西側、町域の3分の1を学区とする児童数375人の学校です。毎年、地域の先生を招き、総合的な学習の時間で特産物のナス栽培や校内の水田で稲作を行っています。5月までの臨時休業では、子供たち不在の日々が続きました。

そんなときに、電話がかかってきました。「学校が始まったら、子供たちがすぐに稲作をやれるように、それまでの作業をやりに行きたいけど」「ナスの植え付けができるように準備しとくで」と地域の先生方からの申し出でした。

臨時休業中に田起こし、代かき・畑の畝作りを行いました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。