地域発信瀬戸市 にじの丘学園が開校

新たな小中一貫教育の在り方を求めて
瀬戸市では、令和2年4月、小中一貫となる瀬戸市立にじの丘学園を開校する。これまで瀬戸市内中心部地域の小学校においては、1学年1クラスの単学級化が進むと同時に、同地域の中学校においても1学年1~2クラスとなり、子供たちが日々の授業で多様な考え方に触れたり、学び合ったりするなどの、切磋琢磨し合うことが少なくなる傾向があった。

子供たちによりよい学習環境を整備するため、東公園(中山町)の敷地を活用しながら、5小学校(道泉小、深川小、古瀬戸小、東明小、祖母懐小)・2中学校(本山中、祖東中)を統合し、新たな小中一貫教育の一歩を踏み出す。

にじの丘学園が目指す主な教育活動は次のとおりである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。